犬の歩き方がおかしくなったら椎間板ヘルニアに気を付けよう

ドッグとウーマン

検査を受ける

犬

犬を飼う人が増え、食生活なども変わってきたことから犬の癌が増加をしています。進行が早いのが大きな特徴であるために、できるだけ早い段階で発見することができるように検診を受けることが大切なポイントになってきます。

Read More...

ペットにするとき

ドッグたち

昔からいる日本の犬として柴犬がいます。柴犬は基本的に警戒心が強いですが、忍耐力があり、賢く人間に対しての忠誠心が高いと言われています。躾がしにくいと言われていますが、生後3ヶ月までの赤ちゃんの頃に親犬と一緒に生活していた犬は躾がしやすいようです。

Read More...

トイとチワワのMIX犬

複数の犬

チワプーは人気犬種のチワワとプードルから誕生した犬種で話題となりましたが、特に女性からの人気が高いようです。性格は個々で違いますが、口吻や表情はチワワに似ます。毛質は両方の犬種の特徴が混ざっていますが抜けにくい特徴が強いので、定期的なトリミングを行うと皮膚や目の疾患リスクを軽減できます。

Read More

痛みやしびれあり

獣医とペット

見て分かる症状

椎間板ヘルニアで辛い思いをしている方がいらっしゃるかもしれませんが、椎間板ヘルニアは、人間だけに起こるものではなさそうです。犬にも椎間板ヘルニアがあります。言葉を知っていても、具体的にどのような症状なのかは知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、椎間板ヘルニアは椎間板から中の髄核が飛び出してしまい、それによって周辺の神経や脊髄を圧迫します。激痛を起こすこともあり、普段の生活ができなくなることもあるようです。ただ、犬の場合は、飼い主さんが早めに普段と違う様子に気がついてあげることが大切です。また、犬の場合、椎間板ヘルニアを起こしていると、例えば歩きたがらない、触れると前足や後ろ足を痛がる、排泄の姿勢がとれなくなるなどの症状があります。

肥満や老化

椎間板ヘルニアになる原因としては、事故や怪我などの外傷の他は、肥満や老化が多くしめています。特に、椎間板ヘルニアになりやすい犬種もあるようです。胴長で太りぎみ、小型犬などの特徴ある犬です。知らないうちに椎間板に負担をかけてしまう為です。飼い主さんは、椎間板ヘルニアになる可能性が高い犬種なら、それを知って気を付けてあげるのも大切かもしれません。そうすることで体重管理や激しい運動を避けることなどもできます。治療法としては、椎間板ヘルニアには軽度から重度までありますので、症状が軽い場合は体重を落とすことや抗炎症薬やステロイド薬などの投与で改善することも少なくありません。排泄が困難になるほど神経を圧迫している場合は、手術になることもあります。何か動作がおかしいのを感じたら、飼い主さんが早めに気づいてあげて動物病院でみてもらうと良さそうです。

Associated Link

  • 愛犬のための椎間板ヘルニア治療院ガイド

    椎間板ヘルニアは犬の病気として知られています。大切なペットを守ってくれる病院をチェックしておくと安心です。