ペットにするとき|犬の歩き方がおかしくなったら椎間板ヘルニアに気を付けよう

犬の歩き方がおかしくなったら椎間板ヘルニアに気を付けよう

男女

ペットにするとき

ドッグたち

日本に昔からいる犬

柴犬は日本で生まれた昔からいる犬種の1つです。特に柴犬の子犬の頃は、ころころとしていて可愛らしく、放っておけないと思わせるものがあります。柴犬は日本では昔からいるものですが、海外では1992年に犬種として登録され、その後徐々に人気が出始めて、現在では海外でも柴犬の虜になってしまう方も多くいます。柴犬の性格は基本的に警戒心が強く忍耐があり、賢く忠誠心が高いというのが挙げられます。これは、代表的な特徴で全ての柴犬に全ての項目が当てはまるというわけではありません。中には人懐っこく誰かに触られても唸ったり吠えたりすることのない穏やかな性格の場合もあります。また、ほとんどの柴犬は人間との上下関係がしっかりしているのを好む傾向にあります。躾を行うときは飴と鞭を使い分けることが大切になります。

躾をするとき

柴犬は昔から日本で飼われていた犬で、警戒心が強く、忍耐力があり、賢く忠誠心が高いと言われていますが、躾をしにくいと言われています。しかし、生後3ヶ月までの赤ちゃんの頃に親犬と一緒に生活していた場合は比較的躾がしやすい傾向にあります。犬の生後3ヶ月までの赤ちゃんの頃は、上下関係を学ぶ社会化期と言われる時期で親犬と一緒に生活をすることで学んでいきますが、親犬と一緒に生活していなかったりその期間が短い場合は学ぶことができないため、躾がしにくくなります。購入したり譲り受ける場合は、ペットショップの方やブリーダーの方に赤ちゃんの頃は親犬と一緒に生活していたのかどうか確認するのがおすすめです。そして柴犬は上下関係をしっかりと認識して生活していくタイプの犬です。躾けるときは甘やかしたり友達感覚で接するのではなく、しっかりと飼い主であることを認識させることが大切です。